Amboyna's Color

威風堂々


f0236145_5002.jpg




沖縄民謡に欠かせない音色の一つに三線という楽器がある。

三線とは黒木の竿に錦蛇の皮を張った、三味線の源流にあたる弦楽器だ。

ある時、ある偶然から繋がった不思議な縁の先で

その三線(三弦)の世界を極めようとする偉大な人物と出逢った。




f0236145_505066.jpg




南海の果て与那国島に生まれ、少年時代からすでにプロとして活躍。

沖縄民謡と沖縄ポップスの黎明期には、その卓越した技量をもって世界各国を巡り

沖縄三弦の魅力と可能性を世に広めた生粋のアーティストである。




f0236145_53268.jpg




一見して厳しく難しい顔。

音楽に関しては一切の妥協を許さないプロフェッショナルな姿勢。

初めて顔を合わせた時は正直緊張して挨拶もできなかった。




f0236145_564493.jpg




f0236145_57123.jpg




その彼がひとたび三弦を奏ではじめると、

ステージ周辺の空間がにわかに振動しはじめる。

深く伸びのある歌声と、圧倒的な技量が紡ぎだす音楽世界が

瞬間的に観客を魅了し、虜にしてしまう。




f0236145_5112835.jpg




f0236145_5111499.jpg




そんな彼の「音」に惹かれて、私のライブ通いの日々がはじまった。

やがて会話を交わすようになり、今では親しく付き合うまでになったが、

今でも初めて演奏を聴いたときの衝撃は薄れない。




f0236145_5122764.jpg




彼の歌声には、私ごとき「にわか沖縄かぶれ」には知りようもない、

深い生まれ島への思いが詰まっている。

そして彼の三線には、三弦と共に生きてきた自分自身への

揺らぎのない自信が満ち満ちているように感じる。




f0236145_5131334.jpg







私が偶然にも知り合ったこの三線の神様は
その名を「長間たかを」といいます。

泣く子も黙るウチナーポップスの大御所「喜納昌吉&チャンプルーズ」の初代三線奏者であり、
自らが率いる「アヤメバンド」のリーダーとして一世を風靡した、沖縄では知る人ぞ知る伝説の人物。
伝説の…などと言うと怒られてしまいますが、とにかくすんごい人です。

しかし本当の素顔は、人との和や出逢いをなによりも大切にする
とっても優しい思いやりに溢れた人でした。
正直、この人物と巡り会えたことは私の人生にとって宝です。

皆さんも機会があれば、一度彼のステージをご覧になってください。
沖縄音楽のイメージがひっくり返ってしまうかもしれませんよ。

f0236145_705176.jpg

[PR]
by amboina | 2010-05-08 06:21 | アーティスト