Amboyna's Color

ふこらさーゆー

f0236145_942415.jpg




八重山の離島に移住した友人がいる。

外資系IT企業の職を捨て、恋人と別れ、生き甲斐だったバンド活動も辞めて

ただひとり、大都市から人口60名弱の過疎化が進む島に移り住んだ。




f0236145_943447.jpg




もともと沖縄と音楽が大好きで、琉球民謡にもどっぷり浸かった男だった。

「いつかは沖縄で暮らしたい」

そんな夢みたいなことを口にしていた男だった。




f0236145_943264.jpg




そんな男が数年前の初夏に八重山を旅した。

年に一度開催される離島の音楽祭に参加するためであったが、

その帰りの船の中で彼はもう移住を決心していたという。

彼はたった一度訪れただけのその島に魅せられてしまったのだ。




f0236145_9443461.jpg




はじめてその移住話を聞いた時、私をはじめ周囲は大反対だった。

初めての土地への移住というのは容易なことではない。

ましてや沖縄の離島で生活するなど至難の業だ。

せめて一年ないし二年は地元で猛烈に働き資金を貯め、

充分に計画してから行っても遅くはないだろう、と忠告した。




f0236145_946638.jpg




f0236145_9463369.jpg




しかし決断してからひと月半後、

彼は呆れるほど見事に身の回りを整理して島に渡って行った。

見送った我々には整理の着かない心配だけが残った。




f0236145_9523967.jpg




その年の夏の終わりに、私は彼に会いに件の島へ渡った。

驚くほど何もない静かな島で、彼は毎日島の魚を釣り干物を作っていた。




f0236145_9473162.jpg




f0236145_9474925.jpg




f0236145_948141.jpg




次の年、干物を作っていた会社はなくなり、彼は無職となっていた。

「自分で作った店で商売がしたい」

見事に漁師焼けした顔を綻ばせて、彼は明るく夢を語り笑った。




f0236145_9483979.jpg




はたして数ヶ月後、三たび訪れたこの島で私が見たのは、

掘建て小屋のような飲食店を自力で作り上げ、

見た目は悪いが抜群に美味しいピザを作って暮らす、

元気で幸せそうな彼の姿だった。




f0236145_9492653.jpg




f0236145_9494410.jpg




f0236145_9501416.jpg




f0236145_102315.jpg




窓辺の特等席でそのピザを味わいながら、

私は彼の語る新しい夢の計画を背中で聴いている。

そして邪推な心配と説教を、見事に結果で返してみせた彼を

どこか腹立たしく、そして誇りに感じていた。




f0236145_9555283.jpg









f0236145_10163967.jpg

あぁ、また文章が長くなっちゃった…

この男のことを書き始めたらいくらでも書けます。
やることは無鉄砲で無計画なのに、妙に人から好かれ美人にばかりモテます。
人間のネットワーク作りの天才で、もしかしたら何も考えていないんじゃないかと
疑うほどバイタリティに溢れた最高の男です。

観光客の減ったこの時期は石垣島に出稼ぎに出ていますが、
もうじきあの島(鳩間島)に戻ることでしょう。

八重山諸島の鳩間島に行かれる皆さん。
ぜひ観光のついでに、彼の店「ふこらさーゆー」へいらしてください。
鳩間の港が一望できる絶景の掘建て小屋で味わう、生オリオンビールと島ピザは
ほんとうに腹が立つほど美味しいんですよ。

f0236145_10323721.jpg


〈後日附記〉
まことに申し訳ありません。
いろいろな事情(ほんとうにいろいろ複雑な事情)で
現在、彼の店「ふこらさーゆー」は閉店しております。
残念ですが、おそらく鳩間島での再開はないと考えて良いでしょう。
偉そうに紹介しておきながらすみません。

運命はまだ彼に試練を与え足りていないようです。
[PR]
by amboina | 2010-06-02 10:23 | 八重山