Amboyna's Color

夏至南風

f0236145_10554249.jpg




蒼い空に揺れる貝殻細工の風鈴が乾いた音を鳴らした。

遠い海を渡って強い南風が吹き寄せてくる。

梅雨の終わりを告げ、島に夏の到来を告げる風、

夏至南風だ。




f0236145_11171639.jpg




陽射しに眩むような浜辺。

木陰で海を眺める彼女の頬を、熱い風が撫でた。

彼女の視線の先には紺碧の空と翠玉色の海が広がっている。




f0236145_10565995.jpg




f0236145_11242854.jpg




焼けた風は砂浜を吹き抜け、太いガジュマルの枝を揺さぶり

幾重もの風紋を残しながら島中を渡ってゆく。




f0236145_10575796.jpg




f0236145_1145765.jpg




空からは梅雨の名残である筋雲が姿を消し、

かわりに巨大な積乱雲が天と地の隙間を埋めるように立ち上がる。




f0236145_1151149.jpg




夏がやってきたのだ。

海と山と、空と島の大地の上に、

盛大な足音を響かせ、高らかに名乗りを上げながら、

心躍る灼熱の夏が島に帰ってきたのだ。




f0236145_119218.jpg




f0236145_1191648.jpg




f0236145_11113999.jpg




頬を撫でた風の感触に彼女は微笑んだ。

そして生まれたばかりの、その真新しい夏匂いに満ちた世界を、

いつまでも眩しそうに見つめていた。




f0236145_10562619.jpg









しばらく雨写真が続いたので、
そろそろ夏らしくいきたいと思います。

夏至南風の事を沖縄ではカーチバイ、もしくはカーチベーと呼びます。
この風が吹くと沖縄は容赦なく夏に向かって驀進していくわけですね。
今回6月前半の旅は残念ながら雨続きでした。
それはそれなりに楽しかったのですが、やっぱり沖縄。
晴れてくれなければ、どうにも気分が盛り上がりません。
というわけで後半の旅は、まさしくこの夏至南風が吹き続ける
最高の天気に恵まれた旅となりました。

ただしこの夏至南風。
最初の頃こそ夏らしくて良いのですが、吹き続けられると厄介です。
ただでさえも凶暴な陽射しの下、吹く風までが熱風ではたまりません。
写真一枚撮るにでも、水分片手でなければ熱中症は必至です。
「一年で一番素敵な季節は、一年で一番熱い季節」
この言葉を胸に、皆様もくれぐれもご用心を。

f0236145_11432596.jpg

model by masumi shimoji
[PR]
by amboina | 2010-07-25 11:52 | 八重山