Amboyna's Color

タグ:乗物 ( 2 ) タグの人気記事

海を駆ける矢

f0236145_1344544.jpg




八重山の島々へ向かう交通手段は限られている。

というよりかなり特殊なケースを除いては一種類しかない。

定期便とチャーター便を含めた高速船である。




f0236145_139297.jpg




f0236145_1363477.jpg




八重山諸島の主島である石垣島には、

各離島を結ぶ高速船を運行させている海運や観光会社が数社あり、

日々競い合うように島々へ船を送り出している。




f0236145_1341552.jpg




それぞれ40ノット以上は楽に出せる流線型の船ばかりだ。

凪の日は穏やかな海面を風が滑るように疾走し、

波が高ければ船首を海面から高く突き出し、

強烈な波しぶきを上げて波頭を跳ね飛び渡っていく。




f0236145_1384868.jpg




f0236145_1391661.jpg




さらに梅雨が明け、いざ真夏の観光シーズンともなると、

観光客を詰め込んだ船達が水平線に白い航跡を曳きながら絶えず行き交い、

さながら離島航路は渋滞した海の高速道路へと変貌する。




f0236145_1394419.jpg




f0236145_1474650.jpg




正直に言って船はあまり得意な方ではないのだが、

ここ八重山の海を疾駆する高速船に限っては、乗るのが全く苦にならない。

もちろん嫌だと言い張ってもほかに手段がないのだから仕方がないのだが、

むしろ待望の島が少しずつ近付いてくるの眺めながら、

激しいエンジンの振動に揺さぶられている時間は胸躍る時間でもある。




f0236145_1482796.jpg




主島から私の通いつめる島までは船で15分とかからない。

その時間は、故郷というものをあまり意識しないで育った私にとって、

夏休みの帰省にはしゃぐ子供が抱くようなワクワクとした高揚感を

つかの間、味あわせてくれる貴重な時間なのだ。




f0236145_1504762.jpg


More…
[PR]
by amboina | 2010-05-26 02:01 | 八重山

軽トラの似合う島

f0236145_1412527.jpg




沖縄の離島はどこでもそうかもしれないが、

もっとも頻繁に使用されている自動車は軽トラックだと思う。

一家に一台とは言わないまでも、

それに近い数が島のあちこちを毎日走り回っている。




f0236145_14125429.jpg




荷物の運搬はもちろん、子供の送り迎えから買い物、

果ては逃げた牛を追いたてる手段として、

軽トラックは島民の足となり手となって活躍している。




f0236145_14132412.jpg




「ギアを3速に入れる前に家に着く」

面積6k㎡弱のこの島では、冗談半分にこんなことを言う人も多い。

港の駐車場や、集まりのある時の公民館前などは

さながら軽トラックの見本市のようだ。




f0236145_14184985.jpg




f0236145_14162733.jpg




さらに、舗装された道より珊瑚の砂道が圧倒的に多いこの島で

軽トラは牧草地を走り、砂浜を走り、時には道なき森にも分け入っていく。

当然、その痛み方は凄まじい。

およそ考えられる全ての傷が見て取れる。



f0236145_14153197.jpg




しかしどんなにくたびれていようが、汚れていようが

この島を今日も元気に疾走する軽トラたちは、

フェラーリよりも素敵でポルシェより魅力的に見えるから不思議だ。




f0236145_14143647.jpg


More…
[PR]
by amboina | 2010-05-11 14:27 | 八重山