Amboyna's Color

タグ:友人 ( 4 ) タグの人気記事

ふこらさーゆー

f0236145_942415.jpg




八重山の離島に移住した友人がいる。

外資系IT企業の職を捨て、恋人と別れ、生き甲斐だったバンド活動も辞めて

ただひとり、大都市から人口60名弱の過疎化が進む島に移り住んだ。




f0236145_943447.jpg




もともと沖縄と音楽が大好きで、琉球民謡にもどっぷり浸かった男だった。

「いつかは沖縄で暮らしたい」

そんな夢みたいなことを口にしていた男だった。




f0236145_943264.jpg




そんな男が数年前の初夏に八重山を旅した。

年に一度開催される離島の音楽祭に参加するためであったが、

その帰りの船の中で彼はもう移住を決心していたという。

彼はたった一度訪れただけのその島に魅せられてしまったのだ。




f0236145_9443461.jpg




はじめてその移住話を聞いた時、私をはじめ周囲は大反対だった。

初めての土地への移住というのは容易なことではない。

ましてや沖縄の離島で生活するなど至難の業だ。

せめて一年ないし二年は地元で猛烈に働き資金を貯め、

充分に計画してから行っても遅くはないだろう、と忠告した。




f0236145_946638.jpg




f0236145_9463369.jpg




しかし決断してからひと月半後、

彼は呆れるほど見事に身の回りを整理して島に渡って行った。

見送った我々には整理の着かない心配だけが残った。




f0236145_9523967.jpg




その年の夏の終わりに、私は彼に会いに件の島へ渡った。

驚くほど何もない静かな島で、彼は毎日島の魚を釣り干物を作っていた。




f0236145_9473162.jpg




f0236145_9474925.jpg




f0236145_948141.jpg




次の年、干物を作っていた会社はなくなり、彼は無職となっていた。

「自分で作った店で商売がしたい」

見事に漁師焼けした顔を綻ばせて、彼は明るく夢を語り笑った。




f0236145_9483979.jpg




はたして数ヶ月後、三たび訪れたこの島で私が見たのは、

掘建て小屋のような飲食店を自力で作り上げ、

見た目は悪いが抜群に美味しいピザを作って暮らす、

元気で幸せそうな彼の姿だった。




f0236145_9492653.jpg




f0236145_9494410.jpg




f0236145_9501416.jpg




f0236145_102315.jpg




窓辺の特等席でそのピザを味わいながら、

私は彼の語る新しい夢の計画を背中で聴いている。

そして邪推な心配と説教を、見事に結果で返してみせた彼を

どこか腹立たしく、そして誇りに感じていた。




f0236145_9555283.jpg


More…
[PR]
by amboina | 2010-06-02 10:23 | 八重山

出逢いの島

f0236145_18205921.jpg




長らく島へ通い続けるうちに、自然と知り合いが増えていった。

島人はもちろん、内地からの移住者や常連客、

沖縄に魅せられて島で働く若者達など、その顔ぶれは様々だ。




f0236145_18214257.jpg




小さな島である。

頻繁に通えばこそ、次第に顔や素性が知れ渡っていくのは、

自然の流れだった。




f0236145_18222084.jpg





f0236145_18285872.jpg




常宿があるために、その宿で知り合い親しくなることも多い。

夜に庭先で呑めば、立ち寄った島人と新たに知り合うこともある。

祭りがあれば、名だたるカメラマンや大学の研究者とも出逢うことができた。




f0236145_1822562.jpg





f0236145_18335358.jpg




写真好きから繋がった出逢いがある。

音楽から繋がった出逢いもある。

酒と飲み屋で繋がった出逢いがある。

釣りからはじまった出逢いもある。

なにより、沖縄がなければ繋がらなかった出逢いがある。




f0236145_18242466.jpg




f0236145_18244424.jpg




そして皆が、南国の空気に溢れた素敵な笑顔を輝かせ、

私のような「よそ者」にも親しく声をかけてくれる。




f0236145_18254331.jpg




f0236145_18255636.jpg




勿論、私だけが特別なのではない。

当然、始めからそうであったわけでもない。

少しずつ時間が過ぎ、少しずつ少しずつ近づいて、

ようやく手の届いたかけがえのない出逢いである。




f0236145_18264719.jpg




その出逢いを大切にしなければならないと思う。

そしてその笑顔をけっして裏切ってはならないと、強く思う。




f0236145_18272077.jpg


More…
[PR]
by amboina | 2010-05-20 18:44 | 友人関係

威風堂々


f0236145_5002.jpg




沖縄民謡に欠かせない音色の一つに三線という楽器がある。

三線とは黒木の竿に錦蛇の皮を張った、三味線の源流にあたる弦楽器だ。

ある時、ある偶然から繋がった不思議な縁の先で

その三線(三弦)の世界を極めようとする偉大な人物と出逢った。




f0236145_505066.jpg




南海の果て与那国島に生まれ、少年時代からすでにプロとして活躍。

沖縄民謡と沖縄ポップスの黎明期には、その卓越した技量をもって世界各国を巡り

沖縄三弦の魅力と可能性を世に広めた生粋のアーティストである。




f0236145_53268.jpg




一見して厳しく難しい顔。

音楽に関しては一切の妥協を許さないプロフェッショナルな姿勢。

初めて顔を合わせた時は正直緊張して挨拶もできなかった。




f0236145_564493.jpg




f0236145_57123.jpg




その彼がひとたび三弦を奏ではじめると、

ステージ周辺の空間がにわかに振動しはじめる。

深く伸びのある歌声と、圧倒的な技量が紡ぎだす音楽世界が

瞬間的に観客を魅了し、虜にしてしまう。




f0236145_5112835.jpg




f0236145_5111499.jpg




そんな彼の「音」に惹かれて、私のライブ通いの日々がはじまった。

やがて会話を交わすようになり、今では親しく付き合うまでになったが、

今でも初めて演奏を聴いたときの衝撃は薄れない。




f0236145_5122764.jpg




彼の歌声には、私ごとき「にわか沖縄かぶれ」には知りようもない、

深い生まれ島への思いが詰まっている。

そして彼の三線には、三弦と共に生きてきた自分自身への

揺らぎのない自信が満ち満ちているように感じる。




f0236145_5131334.jpg


More…
[PR]
by amboina | 2010-05-08 06:21 | アーティスト

写真を撮るというコト

f0236145_18123230.jpg




もともとは「映像を撮る」ことが趣味だった。

趣味というより、趣味のようなものだったのである。

そのビデオカメラも、沖縄へ行くことが決まってから

家電量販店で思いつきで買った。

以来数年はビデオカメラで島の景色を撮ることが楽しく、

より綺麗に撮れる機種をと買い増していくこととなった。




f0236145_18134916.jpg




島の民宿で親しくなった常連客の中にプロのカメラマンがいる。

二年前のある日、その彼が一眼レフカメラと写真の撮影を私に薦めてくれた。

彼の撮る「沖縄」は素晴らしく、自分は本当に彼と同じ景色を見ているのか

と疑いたくなるような写真を見事に撮り続けていた。





f0236145_18155458.jpg




憧れ半分、根拠のない自信が半分である。

「欲しい」と思ったら、それこそ理性では抑えが効かない。

おまけに中途半端な凝り性と適度なミーハー気質ときている。

数ヶ月後には一通り機材を揃えて島に乗り込んでいた。





f0236145_18174174.jpg





思い返すと顔から火を噴きそうだが、

おかげで今もなんとか飽きずに写真を撮り続けている。

まだ何もわからず、撮るという行為を真似ているだけではあるが、

彼のように自分ならではの「沖縄」を探すという作業が

いつか本当の趣味になれば良いと思っている。





f0236145_18181459.jpg

[PR]
by amboina | 2010-04-24 18:21 | カメラ