Amboyna's Color

彼方の物語

f0236145_523859.jpg




人影のまばらな桟橋についてすぐ、

彼女は宿に腕時計を忘れた事に気がついた。

大切な思い出が宿った時計だった。

取りに戻ろうかという気持ちがふわりと浮かんだが、

桟橋を中程まで歩き進むと、何故だかそんな気持ちも消えてしまった。

そして今日ぐらい、せめてあの夕陽が沈んでしまうまで、

いつもより少しだけ軽い左手のままでいてもいいかなと、

彼女は思った。




f0236145_523174.jpg




黄金色に染まる水平線を眺めながら、

彼は彼女と初めて手をつないだ日の事を思い出そうとしていた。

遠く島影を疾り抜けてゆく帆船を目で追いながら、

彼女は握りしめた彼の手の指を、飽きる事なく数え続けていた。

朽ちた桟橋に、言葉を失った二人の影だけが長く伸びていった。




f0236145_5233938.jpg




f0236145_5233418.jpg




古い桟橋の先端で、二人は微笑んだ。

出逢ってからまだ半日も過ぎてはいない。

お互いの素性も、仕事も、年齢すらまだ知らない。

なのに、まるで古くからの親友のように

二人の間に語る言葉は尽きることがなかった。




f0236145_527441.jpg




f0236145_5362369.jpg




初めて見る南の島の夕陽は、どこか恐ろしかった。

昼間家族と遊んだ、光に溢れた蒼い海はもうどこにも存在していない。

少年にとって沈む夕陽は、楽しい旅の興奮を容赦なく連れ去ってゆく、

巨大な怪物の最後の断末魔のように見えてならなかった。

夕陽に背を向けた少年を、遠くで父親の影がやさしく手招いていた。




f0236145_5274866.jpg




f0236145_528480.jpg




黄金色に包まれた海辺の片隅で、

私はそんな空想のシャッターをそっと下ろす。

目の前に広がった夕陽の桟橋ではそれぞれの現実が息を吹き返し、

4つの物語はレンズの奥底へ静かに消えていった。




f0236145_5275516.jpg










f0236145_544593.jpg

島で写真を撮る事に飽きると、
私はよくこんな想像で自分を楽しませています。
勝手にストーリーをつけられた相手にとってはいい迷惑ですが、
木陰なんかで休みながら人々の行き交う姿を眺めていると、
ついつい頭の中で物語が膨らんでしまうんですね。

「あの一人旅の女性はきっと…」とか、
「あのカップルは本当は…、あの釣り客の数年後は…」
などなど…

背景は文句なく美しい沖縄の離島。
おまけに季節は島が一番光り輝く真夏の盛りという最高のロケーションなら
もう、想像力は全開です。
目に映る人々が全てひとつひとつの物語の登場人物となり、
頭の中では三文小説のストーリーが次から次へと生まれては消えてゆきます。
まぁ才能がないので、ほとんどはまともな筋にはなりませんし、
時には真実の方がドラマチックだったりもしますが…

なんにせよ、暇つぶしの想像がアブナイ妄想に変わる前に
住み慣れた現実に戻るのが健全のようです。
[PR]
by amboina | 2010-08-14 05:48 | 八重山